SNS運用ポリシーSNS運用ポリシー

SNS運用ポリシー

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)運用方針

社会福祉法人燕市社会福祉協議会(以下、燕市社協)は、燕市の地域福祉情報の発信やボランティア活動の促進などを目的として、ソーシャルネットワーキングサービス(以下、SNS)を利用し、リアルタイムな情報発信を行います。
つきましては、地域住民など利用者の皆さまに誤解や混乱を生じさせることがないよう、SNSの運用方針を次のとおり定めます。

1.利用するSNS

①LINE ②YouTube

2.アカウント名

燕市社会福祉協議会

3.具体的な掲載内容

・ 燕市社協の活動について
・ 地域福祉に関する情報
・ 地域の団体の活動や行事情報
・ 地域の話題、イベント情報の発信
・ 共同募金運動に関する情報
・ 災害ボランティア、義援金に関する情報

4.投稿者

燕市社協職員

5.対応時間

原則として、執務時間内(土・日曜日、祝日を除く午前8時30分から午後5時15分)において不定期に投稿します。

6.投稿等への回答

各SNSの利用者からのコメント等への対応は義務付けられているものではありませんので、あらかじめご了承ください。

7.禁止事項

・ 本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏洩するもの
・ 燕市社協または第三者の名誉信用を傷つけたり、誹謗中傷したりするもの
・ 燕市社協または第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの
・ 他者になりすますなど虚偽の内容のもの
・ 法令や公序良俗に反するもの・コメントがもっぱら広告
・宣伝目的のもの
・ 各SNSが定める不正行為に該当するもの
・ 各SNSの趣旨に関係のないもの
・ その他、燕市社協が不適切と判断するもの

8.免責事項

・ 燕市社協は、各SNSにおける情報の正確性、完全性等を保証する義務を負うものではありません。
・ 燕市社協は、利用者が各SNSを利用したこと、もしくは利用することができなかったことによって生じるいかなる損害についても一切責任を負いません。
・ 燕市社協は、利用者により投稿(コメント・写真・動画等)されたコンテンツについて一切責任を負いません。
・ 燕市社協は、各SNSに関連して、利用者間又は利用者と第三者間でトラブル・紛争が発生した場合であっても、一切責任を負いません。
・ 投稿にかかる著作権等は、当該投稿を行った利用者本人に帰属しますが、投稿されたことをもって、利用者は燕市社協に対し、投稿コンテンツを、全世界において無償で非独占的に使用する(加工、抜粋、複製、公開、翻訳などを含む)権利を許諾したものとし、かつ、燕市社協に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。
・ 各SNSのご利用方法、技術的なご質問、システム状況などに関しては、一切お答えすることができません。
・ 燕市社協は、当ポリシーを、予告なく変更する場合があります。

令和3年2月1日制定
社会福祉法人燕市社会福祉協議会



Copyright(C)2006-2021 社会福祉法人 燕市社会福祉協議会, All Right Reserved